忍者ブログ

[PR]

2020/07/08  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

専門課程

2012/12/02  カテゴリー/大学英語

教養課程で十分に英語の講義を履修するわけですが、専門課程ではどうでしょうか?

専門課程でも英語の講義はあります。しかし、文系の英文科に類する学科以外はあまり使わないようです。
少なくとも私の場合は、専門課程では研究室に入るまであまり使っていなかったような気がします。
その代わりに自分の専攻した科目の専門を習うこととなっています。英文科では、英検1級、TOEIC800点以上は要求されますし
それくらいの実力で普通です。有名な大学名を挙げれば、青山学院英文科・上智大学英文科・東京外国語大学、地方福岡では、西南学院の英文科が挙げられます。

このあたりの卒業生ですと有名芸能人も輩出していますし、国家公務員外務省の職員も多いかと思います。
話はそれますが、皇太子殿下の妻、雅子様も外務省キャリア組だったと聞いています。英語に堪能で得することは多いようです。

研究室に入ると、英文の文献を読む機会に触れることができました。日本の出版でも、英語の文章の学術誌は多くあるようです。
私の場合はChem.let.(chemistry letter)でした。海外の出版物いわゆる洋書の専門書にも触れることが多くなりました。
しかし専門英語は読むにも書くにもかなり高度です。これは英検やTOEIC対策とは別で技術英語とかになるのでしょう。
しかし、まったく無縁ではないような気がします。
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字