忍者ブログ

[PR]

2020/05/25  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学英語のまとめ

2013/02/05  カテゴリー/大学英語

数編大学英語について述べてきましたが、ここでは簡単な感想及びまとめを書きます。

大学の英語は、教養部で物語から時事英語、専門課程への橋渡し的な英語と幅広くカバーされています。受験の英語の知識があれば十分に理解できると思います。専門課程では、学科によって異なってくるようですが、昔はあまり英語には力はいれていなかったようです。

研究室に配属になると、文系・私立大学ではゼミというようですが、専門の分野の文献等や洋書を読む機会に恵まれます。

もちろん自分で洋書を買って読む分には何も問題はないでしょう。適切な指導者のもとで、英文に触れれば英語力もUPし、知識も豊富になるでしょう。
専門課程は特殊に感じますが、実際に仕事についてからは役に立ちます。一方、英検・TOEICなどは人事評価にも繋がりますから、高得点とかは有利です。
留学・海外出張・国際会議への基準は今はTOEIC・TOEFULとなっています。

しかし、大学での英語の講義は、実用面と資格という意味から総合的に英語を学ぶことは大変役に立ち有意義なものとなるでしょう。
今ではTOEICは講義の単位として認められていますから、学生時代から慣れ親しんでおくことは優位になるでしょう。

目的をはっきりして、自分の英語の勉強への目標を立てることが大切です。大卒位の英語力があれば初めは、簡単なことから始めても
かなり上級まで高得点までとることができると思います。健闘を祈ります。
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字