忍者ブログ

[PR]

2020/04/09  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英検・TOEIC・TOEFLの違い

2012/08/18  カテゴリー/英語資格

英検は正式名称は実用英語技能検定である。5級から4級・3級・準2級・2級・準1級・1級の順序で難しくなっていっています。
4級:中学生程度・3級:中学生卒業程度:準2級:高校程度・2級:高校卒業又は短大程度:準1級:大学程度・1級:大学卒業程度
(大学でも文系の英文科とかと思われます)相当となっているようです。

TOEICは全世界共通の英語の能力テストで、最初はアメリカ・イギリスの純粋のネイッティブでも評価されるテストでした。今は
グローバル化に伴いカナダ・オーストラリア英語圏の英語も含みます。テストはアメリカで作られているようです。
TOEICの特徴は得点表記方式で、合格とか不合格はありません。自分の実力が得点に反映されるという仕組みです。
大まかにはA・B・C・D分けていて、A:800点以上でネイティブ、B:799~650点 不自由なく会話ができる C:649~400点くらい
一応意思疎通ができる D:399以下という感じです。
今は、大学で英語の単位として認められています。また、企業では、海外出張の判断目安として考えられています。私が昔居た会社では
550点以上が合格レベルでした。私は一応クリアしていました。
英検よりTOEICが今は一般的です。英検2級で600点くらい相当、1級で800点相当でしょうか。

TOEFLは海外留学用でとても難しいと言われています。単語はとても難しく難解です。やはり留学ともなるとかなりの努力が必要でしょう。
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字