忍者ブログ

[PR]

2020/05/25  カテゴリー/

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大学専門課程の英語編

2013/01/10  カテゴリー/大学英語

大学専門課程特に大学院の講義について述べてみましょう。

大学院の講義は基本すべて英語でした。テキストは教授の先生たちが部分的に必用な個所をコピーして配布してくださいました。
洋書の原書はかなり高額なので自分たちで何冊も買うことは無理との配慮でしょうか。かなりのコピーをもらいました。

これも教養課程と同様に輪読が多くなっています。しかも、レポート提出に試験も学部同様行われましたから、英語力はさらにUPしたと思います。分野では、物理化学・反応工学・無機化学・高分子化学・分析化学・電気化学等が記憶しています。

他の学科では、工学部でも電子系・機械系・他、理学部でも化学・物理・生物・地学等それぞれの分野で専門用鵜語を使った英語が教育されているでしょう。文系でも同様でしょうね。ただ、理系では実験をする場合に英語の文献を参考にすることが多くあるためただ試験を受けているのとは違った面で身につくことがおおいでしょう。

このように大学院での講義は特殊で、TOEIC、英検とは直接は結びつきずらいですが、理系なら工業英語へ、文系なら国連英語などへの検定へ応用か効くと考えられます。
多く学んで損することはないでしょう。英検、TOEICはあくまでも目安となる指標です。前提条件を満たすためにも、より上の級、高得点を狙いましょう。

努力が実を結ぶことを願います。
PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字